お金持ち

問題が発生した場合

亡くなった人が遺言書を残していた場合には、その遺言書に書かれている内容通りに遺産相続が行われるのが原則となっています。
ただし、ごく稀に、本人が自分の意思で作成したとは思えない遺言書が残されていたり、遺言書の内容がとても不公平になってしまっているケースがあります。
そのような場合には、なるべく早く法律の専門家である弁護士に相談してみることをおすすめします。
よくあるのが、遺言書の作成日時には既に本人の病状がかなり悪化しており、まともな判断力などなかったはずだという理由で争いになるケースです。
弁護士に相談すれば、遺言書の真正に対する疑義を裁判の場で問うことができるようになります。
また、遺言書の内容が不公平で納得できない場合には、法定遺留分の減殺請求手続きを取ってもらうことができます。
少しでも早く相談すれば、早期の問題解決が可能になります。

一昔前までは、たとえ遺産相続に関するトラブルが発生していたとしても、その問題を弁護士などの専門家に相談するケースはあまり多くありませんでした。
お金が絡む問題ですし、身内同士の争いごとですから、家族の恥を外部の人に知られるのは恥ずかしいと考える人が多かったためです。
しかし、身内同士の話し合いで何とか問題を丸く収めようと努力しているうちに、逆に揉めごとが深刻化してしまい、裁判沙汰になってしまうケースがよくありました。
身内同士というのは血が繋がっているという心安さがあるために、遠慮がなくなってしまう部分があります。
その結果、当事者双方が感情的になって、身動きできないような泥沼にはまり込んでしまうケースがとても多いのです。
そのような事態に陥ってしまっても何も良いことはありませんので、最近では最初から弁護士を利用して遺産分割協議を進める人が多くなってきています。