ドクター

うつ病診断の重要性

ナース

早期発見を可能に

うつ病はその患者数を爆発的に増加させ、現代病であるともいわれています。ストレス社会とも呼ばれるほど日々様々な精神的負荷に悩まされる我々の生活の中では、うつ病はいつ発症してもおかしくない病気であるといえるのです。特に最近増加傾向にあるのが若年層のうつ病であり、10代〜20代のうつ病患者が増加しています。うつ病か否かを判断することは素人には難しく、特に10代の思春期と重なると単なるわがままであるかのようにも見えてしまうため、放置してしまうケースが多々見られます。うつ病を放置することにより社会生活が困難になったり、治療により時間やお金を要することになってしまいます。また、うつ病患者によく見られる自傷・他傷行為による最悪の事態も想定できることでしょう。そのような事態を避けるためにはチェック体制を徹底することを推奨します。前述の通りうつ病であるかどうかを判断することは専門家以外には困難であるといわざるを得ません。そこで利用をお勧めしたいのが専用のチェックシートです。このチェックシートは専門家の監修により作成されており、主に心療内科や精神科のホームページから利用することが可能です。方法は非常に簡単で、設問に従い該当する項目にチェックを入れるだけです。またうつ病だけでなく、同時に発症しやすい睡眠障害や摂食障害などの可能性についても診断することができるものもあります。これは心療内科の初診時に行う問診票とほとんど内容が同じであるため、この診断結果を印刷して病院に持ち込むことで初診時の手間を省くことができる場合もあります。それだけでなく、医師とのやり取りをスムーズに行うことができるようになる可能性も存在します。うつ病患者の多くは自分の考えや言いたいことを思うように言うことができないことが多く、医師と適切な医師の疎通を図ることが難しい場合があります。そのため上記のチェックシートや普段の行動を記録したり感じたことを記したノートなどを持っていくことをお勧めします。医師への情報伝達のための手段の一つにすることが可能になります。