計算

法律で決められている

私たちは法治国家に生きており、法律を遵守しながら生活している。
法律では税のことについても定めている。税金は行政を運営するためにはとても大事なことである。
税は国民が働くことで得る所得からも引かれ、家賃収入や土地運用などの不労所得からも引かれることとなる。
これらは収入を生み出す財産であるが、財産の相続についても国の法律で決められている。
資産をもつ人が亡くなると、その資産を引き継ぐ人が必要になる。
基本的にはその人の配偶者に引き継がれることとなり、その次は子どもと、親等ごとに相続順位が決められている。
これらの法律は近代国家になってから生まれたものである。
昔は長男が全て財産を受け継ぐということになっていたが、民主主義が浸透した法治国家ではそれは許されていない。
ただし、遺言がある場合は別である。

資産はその人の持ち物でもあるので、法律的に整合性があれば、親族以外にも引き継がせることができる。
こうした決まりは遺言相続などといい、法律家である弁護士が作成した文書によって証明されていれば法的執行力がある。
遺言は生前に残すこともできるので、相続専門に相談を受けている機関に相談することも可能である。
手続きには様々な条件があるので、スムーズに相続を運ばせるためには事前に相続のことについて知っておく必要がある。
はじめからその勉強をすることは難しいので、ある程度は専門家の知識を借りる事になる。
弁護士であれば書類に法的な有効性を持たせることができるので、メリットが大きい。

遺産を引き継ぎたい

新しいお墓

もしも資産を持っていた場合、その資産管理をしっかりすることが大事である。遺言相続や法定相続など、手続きは法律で定められているため、相続専門の弁護士に相談するとスムーズである。

相続人になった時

大金

相続人になった場合、死亡届を提出する時から手続きは始まっているので、事前に相続専門の弁護士に相談すると慌てずに済む。法定相続人の確認などのために除籍謄本などが必要となる。

問題が発生した場合

お金持ち

相続専門の弁護士に相談することができれば、もしトラブルが起きた時にも安心である。法定相続人の範囲が分からない場合など、トラブルが起きやすい事例をチェックリストにし、状況を把握することが大事である。

オススメリンク

大阪医療問題研究会

医療ミスなら弁護士に相談するのが最適です。電話やサイトから相談の申し込みができるので一度利用してみませんか。