うつのチェックはプロに

ウーマン

社会構造が目まぐるしく変化して来ています。穏やかな時代とも言われた昭和の頃と違い、激動の平成では多くの人々がうつ病になっています。誰もが発症の危険を抱える病気であり、普段のチェックが重要となりました。

うつ病は心の風邪とも

医者

うつ病は心の風邪だと言われています。風邪のように誰もが発症するリスクを持っている病気だからです。近年ではむしろ責任が強く、人一倍真面目で努力家な人々が発症しやすくなっており、自分の体調をセルフチェックしなければいけません。

うつ病の予兆をチェック

病院

うつ病は症状が分かりにくい病気です。本人も自覚症状が無い間に悪化するのが怖いところですが、いくつかの予兆は比較的分かりやすく、その点をチェックすればマネジメントが出来ます。

うつの事はカウンセラーに

男の人

自分に合った施設を探す

うつ病を発症するとライフスタイルに大きく悪影響が出ます。見た目に大きな変化はありません。しかし仕事を行うスピードが極端に低下したり、以前は普通に出来ていた作業が出来なくなったりと、その影響は甚大です。また前は普通に読めていた実用書がなぜか突然読めなくなったり、趣味で楽しんでいた少年漫画が同じく読めなくなったり、テレビのバラエティー番組が全然楽しめなくなったりと、うつの影響はプライベートシーンにまで深刻な影を落とします。うつ病が原因で家庭環境が悪くなってしまったり、恋人関係が破綻したり、仕事の速度と品質が低下した事を理由に降格や減給処分を言い渡されるなど、ライフスタイル全般にわたって甚大なダメージを受けます。うつ病の治療は個人では困難です。セルフチェックを行う事でうつ病の有無は個人的に調べられます。しかし治療を自力でするのは困難であり、素人が下手にセルフマネジメントをするとかえってうつ病の症状が悪化したり、生活の質が低下します。セルフチェックをした結果、どうやら自分にうつ病の症状があると判明したら早めに町の心療内科を訪問しましょう。心療内科の数はここ数年で劇的に増加しました。同じ心療内科でも、いわゆるうつの治療方法には一定の違いが見られます。認知行動療法を重視する施設もあれば、抗うつ薬による治療を行う施設もあり、医師とクライアントのコミュニケーションによって克服を目指す施設もあります。一概にどの治療が良いのかは決められません。治療法と個人の間には相性があり、向き不向きがあるためです。美容院ではありませんが、自分の個性に合う施設をチェックする事が大事となります。ドクターによって心療内科の運営方針や治療のプロセスは大きく異なるのが普通です。事前に施設のオフィシャルサイトを確認しましょう。医院長のメッセージやコラムや治療内容を読めば、行く前に施設の方向性がチェックできます。心療内科によって得意分野が異なる点もあります。サラリーマンのカウンセリングが得意な施設もあれば、主婦や高齢者の悩み解決を得意とする施設もあり、自分の立場に合った施設選びもかなり大事です。